異なる視点を持つことによる面白さ

Filed in 異なる視点を持つことによる面白さ はコメントを受け付けていません。

情報技術分野の職場で外国人エンジニアの姿が増える傾向にあり、これからは日本人エンジニアも変化に対応する必要がある。このような変化をネガティブに捉える人も中にはいるものの、むしろ歓迎できる部分も多い。

例えばインド人エンジニアと共に働くことになると、仕事に面白さが感じられるようになる。インドのエンジニアとの仕事では、日本人との仕事では得られない刺激がある。インドと日本では文化が異なるため、考え方にも相違がある。

同じ日本人同士との仕事では物事に対する考え方が似通っていて、互いに協調はしやすい。確かに開発スタッフ同士が強調しチームワークを保つことは重要であるが、それだけでは仕事上問題になる部分もある。情報技術の分野では、異なった視点から開発上の課題に対し眺めることが問題解決の役立つケースは珍しくない。違う考え方を持ったインド人のエンジニアからなら、日本人にはない違った物事の考え方や見方が学べて問題解決のきっかけが掴めるかもしれない。
インドエンジニアとの考え方の違いが職場での人間関係のトラブルに発展する可能性もあるが、人間関係のトラブルは互いに理解し合う姿勢があればいずれ問題は解決できるはずだ。

インド人のエンジニアと共に仕事をしていると、日本人離れした物事の観察の仕方が身に付いて、エンジニアとしての実力がアップする可能性がある。もし職場で働くインドのエンジニアがいれば、積極的に意見を交わすことにメリットがある。議論を通して新しい物事の考え方を知ることで仕事にも役立てられるだろう。

TOP